5月 8日

「お別れの儀」

約6万年前の人間のお墓から花の花粉が発見された例があるそうです。お墓の中に故人と一緒にお花を手向けたのではないかという説があり、これが最古の葬儀ということになっています。資料も少ないため真偽は定かではありませんが、お花を手向ける原始の葬儀を考えるとロマンチックな話であります。

現在はどの葬儀社でも出棺前に“お別れ”といって柩の蓋を開け、お花を手向ける儀式を行っているようです。宗教的(仏教やキリスト教や神道など)な意味合いを考えることなく自然な形で行っておりますが、前の話から考えてもお花を手向けることは人間の本能的なもので必然であるような気がしてなりません。

セレモニーサポート・オンリーワンは最後のお別れの時間をとても大切にしています。
お花を手向けるのはもちろんですが、ご要望をよくお伺いしお手紙や色紙、また好きだった食べ物を入れてあげる事も多々ございます。(もちろん火葬場の規定によって入れられない物もあります)
いつだったか、お酒が大好きだったお父さんのために用意したお酒を綿に含ませ、皆でお父さんの唇にあてて飲ませてあげた事もございました。お父さんは入院してからはお酒を止められ、早く退院して自宅でゆっくりお酒を飲むことを楽しみにしながら亡くなってしまったそうです。

お別れは最期のご対面になりますので、できる限り自由にお時間を使っていただき、悔いのないお葬式になるよう全力でサポートさせていただいております。
米山

PAGE TOP

お急ぎの方へ

病院、ご自宅での突然の出来事でも まずは落ち着いて下さい。 今の状態をお話し下されば、今後の流れや注意しなければいけないことを
適切にご家族目線でアドバイスさせていただき、
ご依頼を頂いた段階でご指定の場所まで急行いたします。
お問い合わせフォームはこちらから

中央葬斎館へのアクセス

かなざわ葬斎館へのアクセス

鶴見葬斎館へのアクセス