7月 15日

お葬式が終わったら

お葬式が終わったら葬儀費用の精算や病院に入院していれば
病院代の精算など何かとお金が必要な事が多いと言われることがあります。
という事で今回は、40年ぶりに変わった相続法について調べてみました。
メディアやインターネットでは、遺産分割前でも、単独の相続人からの依頼で
故人の預貯金を引き出せるようになり
又 預金の150万を上限に払い戻しができると出ていますが
よく見てみると、この払い戻し制度は
あくまでも仮払いのようです。よって葬儀費用の精算や医療費などの精算
相続人の生活費などをとりあえず取り敢えずまかなう為の制度のようです。
よって仮払いした預貯金は、相続人全員で話し合い、全員の合意のうえで後日精算ようです。
又、預金の150万円を上限に預金の払い戻し可能という内容は
どんな条件でも一人150万円まで払い戻しができるのではなく
払い戻しをすることができる額とは
故人の預貯金額残高の1/3 × 相続人の法定相続分=払い戻しができる金額
このように、お葬式が終わってから直面する事柄は、非日常的なことが多いと思いますが
当社、中央葬斎館、かなざわ葬斎館、つるみ葬斎館のスタッフは
葬儀後のアドバイスや法律家のご紹介なども行っております。
江藤

PAGE TOP

お急ぎの方へ

病院、ご自宅での突然の出来事でも まずは落ち着いて下さい。 今の状態をお話し下されば、今後の流れや注意しなければいけないことを
適切にご家族目線でアドバイスさせていただき、
ご依頼を頂いた段階でご指定の場所まで急行いたします。
お問い合わせフォームはこちらから

中央葬斎館へのアクセス

かなざわ葬斎館へのアクセス

鶴見葬斎館へのアクセス