11月 4日

お葬式の費用を抑えるために

お葬式の費用をなるべく安くしたい方は
どのようにすればよいのか
① お葬式の形式を考える
どのような形でお葬式を行いたいのかを考えてください。
お通夜と告別式を行う、お葬式の方法なのか
お通夜は行わず告別式のみを行う、一日葬を行いたいのか
お通夜、告別式を一切行わない直葬を行いたいのか
どういう形で、お葬式を行いたいかを決定します。

費用だけで考えれば直葬が一番安くなりますが
お葬式の費用だけで考えずに
どんな方が参列するのか
参列される方の気持ちも考えてお葬式の形式を
考えた方が良いと思います。

② お葬式の費用を考える
お葬式の全体の費用を分類すると
・葬儀本体の費用(お葬式を行うだけの費用)
・香典返しの費用
・飲食費用
・宗教者への費用
この費用の合計が、お葬式の総費用となります。
インターネットや広告で安価で提示している葬儀社もいますが
その金額で、お葬式が出来るとは限りません。
例)香典返し費用、飲食費用、宗教者への費用は含まないという
  提示はあるが
  葬儀費用の中に祭壇費用が含まれていない表記がない
  実際に見積を行うと、インターネットや広告金額とは
  かけ離れた金額になる

葬儀費用を安くする為には
・葬儀本体の費用に祭壇が含まれているかを、調べる(追加費用が必要ないか)
・香典返しの金額が適正か(お香典の半額~三分の一)
・料理の分量が適正か

実際に葬儀見積を、事前に行い比較検討することも良いかも知れません。

江藤

PAGE TOP

お急ぎの方へ

病院、ご自宅での突然の出来事でも まずは落ち着いて下さい。 今の状態をお話し下されば、今後の流れや注意しなければいけないことを
適切にご家族目線でアドバイスさせていただき、
ご依頼を頂いた段階でご指定の場所まで急行いたします。
お問い合わせフォームはこちらから

中央葬斎館へのアクセス

かなざわ葬斎館へのアクセス

鶴見葬斎館へのアクセス