7月 20日

故人の好きな曲を流せる横須賀の葬儀

最近の葬儀は時代とともに多様化してきています。
一昔前なら形式的な葬儀を行うことが通常でした。
変わった葬儀を行えば後期の目で見られたでしょう。しかし今は自由度が高くなっています。
好きな曲を流せる音楽葬もよく見かけるようになりました。
無宗教の人は特に自由な葬儀を選択する傾向にあります。
読経などを行わない音楽を中心とした葬儀では故人が生前好きだった曲を流して故人の思い出を語り合いながら送ります。
宗教形式に囚われたくないという理由や、故人が生前希望していたという理由から、自由な葬儀が選ばれるのです。
録音されたテープやCDなどを使用し好きな曲を流せる場合もあれば、生演奏を選択する場合もあります。

規模が大きな団体葬では、テープやCDを使うよりも管弦楽団や合唱団などに依頼することも多くあります。
形式にとらわれない葬儀の場合、好きな曲は何でもいいですし、音楽を流せる時間にも決まりはありません。
焼香や献花してもいいですし、故人の思い出を語り合うだけにしてもいいです。
形式はないのですから自由に決めてかまいません。

自由な形式の葬儀を行いたい場合、どのようなことをすればいいのかわからないのであれば葬儀社に相談すれば葬儀の流れについて説明してくれるでしょう。
決まりはありませんが、どのような式の流れがあるのかも教えてもらえます。
自分で楽器を演奏したい、弔電披露などはカットしたいなど、希望があればそれを申し出ることで、葬儀社は対応してくれます。

新しいタイプの葬儀を行う場合、参列者に理解されにくい場合があるかもしれないと危惧される人もいるようです。
しかし、最近は自由度の高い葬儀が増えました。
一昔前なら受け入れがたいと思う人が大方かもしれませんが、今は理解が深まった人も多いのでそれほど心配することはないでしょう。
ただし、年配の人の中には受け入れることは難しく感じる人もいるかもしれませんが、誠意を持って伝えれば受け入れてくれるはずです。
好きな曲を流せる音楽葬の理解を深めてもらうためにもしっかりと説明を行いましょう。

横須賀のセレモニーサポートでは故人の好きだったクラシックやポピュラー曲など、多くの楽曲から葬儀にふさわしい曲を生演奏することも可能です。
生演奏で故人を送る葬儀は、横須賀のセレモニーサポートのオリジナリティーあふれる葬儀として大変評判です。
横須賀で葬儀社をお探しならお気軽にお電話ください。
スタッフ一同お待ちいたしております。

PAGE TOP

お急ぎの方へ

病院、ご自宅での突然の出来事でも まずは落ち着いて下さい。 今の状態をお話し下されば、今後の流れや注意しなければいけないことを
適切にご家族目線でアドバイスさせていただき、
ご依頼を頂いた段階でご指定の場所まで急行いたします。
お問い合わせフォームはこちらから

中央葬斎館へのアクセス

かなざわ葬斎館へのアクセス

鶴見葬斎館へのアクセス