11月 30日

果物と火葬場と私

心残りは、上ラオウ岡駅に行けなかったこと…。そして、ユリアのようにモテ期がいまだにこない、見た目はベテラン中身は新人根本直子です。

風が身に染みる季節になって参りましたね。皆様如何お過ごしでしょうか。
さてさて、本日取り上げるのは、『THE火葬場』でございます。横須賀市には一軒しかございません。昔は浦賀にもう一軒あったらしいのですが、現在は坂本町のみの1ヶ所となっております。名称は「横須賀市立中央斎場」でございます。ちなみに、弊社の横須賀にある会館名が「中央葬斎館」。何となく名称が似ているような、似てないような…。ちなみに、間違えて火葬場に行きそうなった方を知ってるので、侮れません。そういう私も、入社前は?マークがよぎった一人でございます。

ところで、お棺の中に入れられる物、入れられない物をここで少しご紹介したいと思います。
まずは眼鏡。故人様が使用していたので、一緒に入れたいと多々言われることがございますが、こちらは残念なことに入れられません。燃え残ったり、御骨に付着して悲しい結果になります。なのでお入れしたいときは、骨壺に遺骨と共にお納めすることになります。そして意外や意外、果物も要注意なのでございます。故人様が好きだったので、メロン、スイカをお供えした後に、そのまま棺にお入れしたいところではありますが…。ちょーっと待ったー‼それはかなり危険な行為であります‼
皮が固くて中はジューシーな物を入れますと、燃え残ったり、はたまた爆発したりしてしまうのです‼
メロン♪から、メロンボンバーになり、スイカ♪♪から、スイカボンバーにYou can change!
できれば、御供え後、果物は皆様で召し上がって頂くと、とても助かります。亡くなった方のお食事は、お線香の香りと言われております。仏教限定ではありますが、これを香食といいます。
しかしながら、どんな宗教であっても、思いは故人様に伝わっているはずです。今日も元気に皆様を上の国から見守ってくれていることでしょう!
それでは、また次回お会い致しましょう。

根本

PAGE TOP

お急ぎの方へ

病院、ご自宅での突然の出来事でも まずは落ち着いて下さい。 今の状態をお話し下されば、今後の流れや注意しなければいけないことを
適切にご家族目線でアドバイスさせていただき、
ご依頼を頂いた段階でご指定の場所まで急行いたします。
お問い合わせフォームはこちらから

中央葬斎館へのアクセス

かなざわ葬斎館へのアクセス

鶴見葬斎館へのアクセス