1月 29日

葬儀費用の積み立てをしたい

弊社「中央葬斎館」のある横須賀では、現在の日本が直面している高齢化の波を受けており、全国平均を少し上回る程度の高齢化率の街でもあります。
弊社はご家族のご希望に合わせたスタイルのご葬儀を横須賀で長期にわたって提供してまいりました。

ご葬儀に関して心配されることのひとつに費用の問題があります。
近年、家族葬や近親者のみによるご葬儀が増えている背景には、従来の葬儀費用が高すぎるという印象をお持ちの方が増えたことが要因として挙げられます。
弊社では、それぞれのご家庭に配慮して、なるべく費用面の負担の少ないご葬儀を提案させていただいております。
家族葬としてこじんまり行いたいが、故人の思い出の楽曲を生演奏でご提供するサービスや、故人を偲ぶ思い出の品物コーナーを充実させるサービスなどをご提供しています。

費用面の心配のある方同士が、冠婚葬祭にかかるお金を会員同士で助け合う互助会が存在します。
会員になって、冠婚葬祭費を積み立てして、万が一の葬儀で利用する生前予約を取ります。
実はここでトラブルが発生し、広島県で最高裁判所まで進んだ例もあります。内容は生前中に積み立てた金額だけでお葬式ができるとのあいまいな表現で入会し、実際には多額な追加費用が発生した例があまりにも多いことで互助会に入っているメリットがないことで利用された方からお話をよく聞きます。
事実冷静に考えてみると積み立てたお金は無利息銀行に預けているだけでメリットが享受できるのは一体何なのかわかりません。月々1000円から5000円を100回または120回かけ続け万一の時にはそれが掛かった葬儀費用から引かれるだけ・・。それであれば郵便局の定期預金の方が利息が取れるのでは?とも感じます。
昔の互助会システムはとてもいいものでまさに互いに助け合う会であり、生前中にかけていた金額でお葬式が執り行える様式だったのがいつから追加に多額な費用が必要になったのか、疑問に思います。

また一方では専門葬儀社の数も増え、事前に会員になっていることでメリットが多々あるシステムになってきました。ここで会員になるのにお金が発生するのも理解に苦しみます。事前に企業の健全性や費用的な事、応対してくれた担当者の質をご家族が判断して会員になることを考えてくれたのに入会金、年会費を頂いて入会に至る必要性も疑問に感じます。いつでも解約出来ていつでも入会できる敷居の低い会員システムで自社の葬儀の品質と人的サービスに自信があれば無料会員で十分なのかなと感じます。これは弊社がどうこうではなく世間の葬儀社が多種多様な会員組織を作っていますが同業として「ん?」と感じた一つのお話をさせていただきました。事前に相談する大きなメリットは費用を積み立てることでの安心感ではなく、万が一の時に備えて有益な情報の取得と逝去時の流れ、おおまかな予算、そしてどんな送り方をしていきたいかなどの細かな調整とそのやり方など、なかなかわかり得ないことの情報取得が一番だと考えます。もしそんな話に共感いただけたらお気軽にお声がけ下さい。

PAGE TOP

お急ぎの方へ

病院、ご自宅での突然の出来事でも まずは落ち着いて下さい。 今の状態をお話し下されば、今後の流れや注意しなければいけないことを
適切にご家族目線でアドバイスさせていただき、
ご依頼を頂いた段階でご指定の場所まで急行いたします。
お問い合わせフォームはこちらから

中央葬斎館へのアクセス

かなざわ葬斎館へのアクセス

鶴見葬斎館へのアクセス