11月 22日

忌み言葉

日本には古来から「言霊」という考え方があり、言葉に出したことにより

不思議な力が宿っていると考えられてきました。

その為、葬儀では不幸ごとが繰り返されないよう「忌み言葉」を避ける

習慣があるので一部をご紹介させていただきます。

忌み言葉とは→「災いの降りかかるのを恐れて口にしないことば」

お葬式の場ではふさわしくない言葉なので意識してみてください。

 

【不幸が重なるイメージ】

「かさねがさね→加えて、あわせて」

「いろいろな→多くの、多様な」

「くれぐれも→どうぞ、十分に」

【不幸がつづくイメージ】

「引きつづき→これからも、変わりなく」

「追って→まもなく、後ほど」

【死のイメージ】

「死亡→他界、逝去、お休みされる」

「死ぬ→旅立つ、この世を去る」

 

今回、一部をご紹介したようにまだまだありますが、葬儀に出席するさいは

「忌み言葉」の言い換えを覚えておくことも非常に大切だと思います。

ご遺族に配慮した言動を考え寄り添うことで新たな一歩を踏み出すきっかけになると思います。

「鶴見葬祭棺」「かなざわ葬斎館」「とつか葬斎館」「中央葬斎館」では

お別れ式・火葬式・一日葬・家族葬などご遺族様の意向に沿った形でお葬式を進めるのは

当たり前ですが、一歩深いご提案ができご遺族様と共有することができれば

必ず心に残るお葬式=「オンリーワンのお葬式」に繋がると自負しています。

故人の終焉を色鮮やかなものになるよう一生懸命お手伝いさせていただきますので

お困りの際は遠慮なくご連絡ください。

 

 

 

PAGE TOP

お急ぎの方へ

病院、ご自宅での突然の出来事でも まずは落ち着いて下さい。 今の状態をお話し下されば、今後の流れや注意しなければいけないことを
適切にご家族目線でアドバイスさせていただき、
ご依頼を頂いた段階でご指定の場所まで急行いたします。
お問い合わせフォームはこちらから

中央葬斎館へのアクセス

かなざわ葬斎館へのアクセス

鶴見葬斎館へのアクセス

とつか葬斎館へのアクセス