スタッフ紹介

スタッフ紹介

理事長  大島 政則

 

一つのバトンが最愛なるご家族へと受け継がれていく。
そして、亡くなられた故人様もそのバトンをご両親から受け継れて来られました。
私たち葬儀社はその大切な節目に際する家族葬を「感動から感謝へ」を、テーマにお手伝いをさせていただきます。

何十年何百年と受け継がれてきたご家族のバトンが、脈々と受け継がれていく事を心に念じながら、日々お客様にとって、オンリーワンのご葬儀をプロデュース致してまいります。
此れからも「あなたの安心を大切に」受け止め、葬儀を通じた社会福祉貢献を強く推し進めてまいります。

葬祭室室長  小室 文則

厚生労働省認定技能審査 葬祭ディレクター

 

私が葬祭に携わるたった一つの思いは「家族の一員」になること。
数多の葬儀の一つではなく、ご家族の中ではたった一度しかない葬儀として真剣に従事しております。
我々が今、喜怒哀楽を感じることが出来るのはご先祖や故人の礎(いしずえ)のおかげであり、その礎に感謝し恩返しをする最後の場を大切に受け止めさせていただきます。
葬儀を行う意味は宗教感や死生観など、人により様々だと思いますが葬儀社として提供していけることは「亡き礎に対する感謝を形に表すこと」と、私は思っております。
そのお手伝いを弛むことなく全力でサポートさせていただきます。

葬祭室次長  巴 弘明

 

大切な方が残してくれた言葉や想い・・・生前は向き合うことが出来なくてその真意を時間の経過とともに気づき気づかされ、そこで初めて知る喜びに感謝また後悔など・・・

自分の実体験であり誰にでも共通することができこの経験を活かしたく葬儀業界に入りました。

葬儀に携わる思いとして「悲しいだけが葬儀ではない」と考えており、その人らしい送り方をご家族と模索し一つの形を共に作ることが出来るお葬式はどこか温かく優しさに溢れ心に響くと信じています。

今後も葬祭人として、ご家族が望む故人様への送り方を贈り方にかえ最善の提案やご家族の意向を汲み取り生命の礎・家族の絆・生涯の証を享有し心に残るオンリーワンのご葬儀を目指しております。

葬祭室所長  吉田 政幸

厚生労働省認定技能審査 葬祭ディレクター

 

スタッフ最高齢ですが、まだまだ一生懸命働いておりますので温かい目で見守ってください。

「その方らしいオンリーワンの葬儀」と「医葬連携」をテーマに精一杯頑取り組んでおります。高齢施設、医療看護・介護連携にはいくつものネットワークがあり、また地域連携、有償ボランティア相談などなんでもお聞きください。

特技は子守と高齢者のお世話です。赤ちゃんを抱かせておくとはりきります。葬儀に詳しい親戚のおじさんの立ち位置でお付き合いいただけたらとても喜びますので見かけましたらぜひ気軽に声を掛けてください。

葬祭室 主任  徳持 晃俊

 

私が葬儀に拘わる上で大切にしていることは亡くなられた方の人生の終焉をどのような形にできるのか・・・

残された家族の想いは無論のこと故人にふさわしい旅立ちのかたちです。

お葬式が多様化するなか、亡くなられた方やご家族の方が宗教にかかわっている事も少なくないはずです。お葬式は宗教宗派によって決まり事やマナーが細かく定められています。

それぞれの想いをそんな儀式を執り行う限られた時間の中で考え伝えるのはとても難しいことです。

そんな時に数十年の経験の中から的確なアドバイスをしサポートさせていただきます。

葬祭室  大類 武士

 

「故人様の最後を家族はどのように送って差し上げたいか」

これを私のテーマとして日々、従事しています。

故人様の人柄や交友関係、家族の考え方により、一つ一つの葬儀の内容が変わることで二つとして同じ葬儀はありません。

お葬式が終わった後で「あの時にこうすればよかった・・ああしとけばよかった・・」などちょっとした後悔をしてしまう方もまだまだいらっしゃる中で、家族の要望を可能な限りヒアリングしてそのイメージを具現化できるように努めていき、葬儀に慣れることなく初心を忘れずにたった一度しかない「家族の想いを形にするご葬儀」を精一杯サポートさせていただきます。

葬祭室  江藤 史泰

厚生労働省認定技能審査 葬祭ディレクター

 

「悲しみのご家族様の力になれるように」

人生の中で、人は様々な苦しみや悲しみを経験しますが、大切な方とのお別れはその最たるものでしょう。科学がいくら進歩したとしても、この事は避けることはできません。

入社をした頃は、悲嘆や悲痛にくれるご家族様を前に悩んだ時期もありましたが、私は故人様へ最良のお見送りをしてあげることがご家族様にとっての一番の救いになると信じています。

ご家族様から「いいお見送りだった」と言っていただけるように十分にお話をお聞きし、お手伝いをさせていただきます。

葬祭室  米山 周一郎

厚生労働省認定技能審査 葬祭ディレクター

 

入社して初めて病院へお迎えに伺った際に、葬儀というものが分からずにご遺体とご家族様を前に物怖じしていた私の姿を見て先輩から一言

「自分の家族だと思って接しなさい」

自然と肩の力が抜け、ご家族様とも接することができました。この言葉は葬儀に従事する私の根っこになっております。

私にも大切なかけがえのない家族がおります。

大切な方を亡くした方のお気持ちは計り知れませんが、少しでもご家族様の身になって手伝いさせていただくよう心掛けております。

葬祭室  根本 直子

 

その日は突然やって来ました。

東日本大震災、当時私は福島におり、幸いなことに私の家族は無事でした。しかしながら、他では多くの命が奪われ、ただ生きるということが、どれほど困難で尊くて素晴らしいことなのだと、あの震災で思い知らされました。

どんな形であれ、亡くなった方々の思いは計り知れません。

一人一人が主人公であり、その人生にはドラマがあるのです。

その人らしい送り方をすることで、少しでもご遺族が前に進んで行けるようなお手伝いをさせていただきたいと思います。「一期一会」を胸に日々精進して参ります。

葬祭室  松田 みどり

 

「 ご家族に寄り添い、悔いのないお別れを」

入社して間もない私ですが、ご家族の思いを形にしたご葬儀を心を込めてお手伝いさせていただけるように日々勉強しております。

これまで従事して感じたことは、一つとして同じ葬儀はないということです。

特にオンリーワンでは、始めから終わりまでを一人の担当者がお手伝いさせていただく「一家族一担当制」でございますから、各担当が家族の一員として伺い、寄り添うようにサポートさせていただきます。

まだまだ勉強中ですが、一日も早くご縁のあったご家族に全力で寄り添い、思いを汲み取り納得のいくお別れをご提案できる担当者になれるよう精進いたします。

総務・経理・ITをしております。

直接お客様に携わることは少ないですが社内が円滑に動くように、ただ単にこなすだけの事務作業ではなく、全スタッフのサポートに徹してお仕事をさせていただいております。

私達は家族とは思い出の積み重ねで出来ている大きなアルバムのようなものだと感じています。アルバムを開くと楽しかったこと・悲しかったこと、懐かしい思い出がよみがえります。懐かしさだけでなく勇気や元気をもらう事もあるかと思います。

大切な家族が亡くなる事はとてもつらいことです。でもその人のことを忘れなければ自分の心のなかで生き続けている・・・そんな大切な人の最後のお別れのお手伝いをさせていただくため自分のできることを精一杯努力していきたいと思います。

PAGE TOP

お急ぎの方へ

病院、ご自宅での突然の出来事でも まずは落ち着いて下さい。 今の状態をお話し下されば、今後の流れや注意しなければいけないことを
適切にご家族目線でアドバイスさせていただき、
ご依頼を頂いた段階でご指定の場所まで急行いたします。
お問い合わせフォームはこちらから

中央葬斎館へのアクセス

かなざわ葬斎館へのアクセス

鶴見葬斎館へのアクセス